AUJ で紹介できるかな


なんで毎日更新してるかというと、
AUJ のサイトからブログにリンクしてもらってるので、
今までのペースじゃやばいかなと思いまして。

だったら AUJ でやること宣伝しろ、ですよね。
ということで、やってみます。

幾何拘束とアクションレコーダーって何ができるの?

組み合わせてみました。
最後に LISP 使っちゃってますけど・・・。

アクションレコーダーは簡単っすね。
緑の部品を 10° で ROTATE してるだけだから。

問題は幾何拘束。

・・・簡単ですよ、そんなに拘束の数もないし。

でも、何気に「こうするとうまくいく」みたいな裏ワザっぽいのがつまってまして。
たぶん紹介できると思う。
60 分という時間がきびしー。

  1. #1 by hiro坊 - 9月 22nd, 2009 at 23:57

    動画、yuri 先生 のボイス付きだと、よりグッドだけど・・・
    Lynn Allen 先生 のように^^

  2. #2 by yuri - 9月 24th, 2009 at 07:31

    解説が必要な長い動画はないですが・・・(^^;

  3. #3 by hiro坊 - 9月 27th, 2009 at 02:53

    >解説が必要な長い動画はないですが・・・(^^;
    ん・・・残念です~ (^_^;)

(will not be published)
  1. No trackbacks yet.