資料のページ数


昨年の AUJ2008 のアンケートで、

「説明時何頁を説明しているか分かりにくかった」

という貴重なご意見を頂きました。

私としては資料はあくまで補足で、
講習後に確認のために見てもらうつもりだったのですが、
考えてみるとそうですよね・・・配慮が足りませんでした(T^T)

しかし口頭で「資料の何ページ~」って案内すると、
「資料見なきゃ!」
って頭を垂れてしまう人もいるので、随時参考にできるように、
右上にページ数を追加してみました。

ということで、なるべく資料なくてもわかる講習にしてるつもりですが、
もちろん資料があればこわいものなしです!

そして幾何拘束は「色」が関係してくる所もあるので、
講習受ける方で環境が許せば、ぜひカラーで印刷を。

・・・って資料がダウンロードできるのはかなり先ですけど(^^;

auj2009-01

  1. No comments yet.
(will not be published)
  1. No trackbacks yet.